プロセスマネジメントで
業務を可視化・効率化

octpathは『クラウド型プロセスマネジメントツール』です。業務をフロー形式で可視化し、実際の作業内容も管理することで、属人化を解消。作業の進行も自動でサポートします。

詳しい資料をダウンロード
サービスのデモをご希望ですか?デモを予約

業種・業界によらず
あらゆる業務で活用できます

  • 入社/退社対応
  • 新規顧客のフォローアップ
  • メディアの記事作成プロセス
  • マーケティング施策の管理
  • 備品の発注・購買プロセス
  • イベントの準備
  • システム運用業務
  • SNS運用
etc...

入社/退社対応

従業員の入社、退社にあたって必要な各種手続きの管理に利用。人事部、総務部、事業部など複数の部署を跨いで、入退社準備の進捗状況を見える化。

01/08

業務フローの「見える化」できていますか?
属人化を解消し作業ミスや遅れをゼロ

こんなお悩みはありませんか?

  • 業務フローが可視化されておらず全体像を把握できない
  • 業務の属人化により作業品質にばらつきがある
  • 作業者や業務ごとのパフォーマンスがわからない
  • 入社時や引き継ぎの際に教育コストがかかっている
  • 紙やExcelではなくシステムを活用して業務を効率化したい

octpathとは

octpathは業務フローの可視化だけでなく、作成したフロー図を用いた業務管理ができるサービスです。一つのツールで可視化から作業管理まで行うことで、属人化を解消し、継続的な業務改善を可能にします。さらに、作業内容のチェックやフローの分岐をシステムが自動でサポートします。

octpath活用の3ステップ

01

業務フローと手順を登録

管理したい業務をフロー形式でカンタンに登録。作業の流れや手順を可視化するだけでなく、そのまま作業用のテンプレートとして保存できます。
02

作業ごとにプロセスを開始

業務が発生したらテンプレートからプロセスを開始。作業手順を確認しながら、担当者・期限をリアルタイムに管理。
03

進行状況をリアルタイムに確認・記録

各プロセスの進捗状況をリアルタイムに一覧で表示。業務の全体像を俯瞰的に把握できる上、パフォーマンスの確認も可能。

octpathの機能

  • 自動で条件分岐

    タスク内での入力内容やチェックの有無に合わせて自動で後続タスクを分岐。稟議承認などの社内手続きにも対応できます。

  • 柔軟な業務フローの実現

    条件による分岐や、同時並行での作業など、様々な業務フローを自由に登録できます。

  • 柔軟な期限管理

    タスクの期限は手動設定だけでなく条件に応じた自動設定が可能。

  • タスクの遅れを把握

    期限切れのタスク・プロセスを一覧でカンタン把握。同時にメールでもお知らせ。

  • タスクの追跡

    進行状況が気になるタスクはウォッチャーになることでリアルタイムに確認。今後発生する業務も一覧で把握できます。

  • 外部サービスとの連携
    Coming Soon!

    Google Docs,Youtube, Google Maps, Figmaなど外部サービスの情報をマニュアルに埋め込んで表示できます。

業務設計からご支援します

「業務改善をしたいが人が足りない」「どのように業務フローを設計すればよいのかわからない」といった各企業様のために以下もサポートさせていただきます。
  • 現状業務の可視化
  • 理想的な業務プロセスの設計
  • octpathのセットアップ

octpath公式メディア -kaizen penguin-

octpathの開発・運営メンバーが監修する業務改善メディア『kaizen penguin』では、業務改善のヒントとなる情報・ノウハウを発信しています。

もっと読む

業務の可視化から
パフォーマンス管理まで

属人化を解消し、安定した作業品質を実現しませんか?
octpathとプロセスマネジメントについての資料をご用意しています。

詳しい資料をダウンロード

サービスのデモをご希望ですか?

実際のサービスを用いて『octpath』 がお客様の業務をどのように改善するのか、30分程度のオンラインデモで具体的にご紹介します。

デモを予約する

よくあるご質問

  • Q

    無料トライアルはありますか?

    はい。30日間の無料トライアルを提供しております。

  • Q

    導入のサポートはしてくれますか

    サービスのデモンストレーションやレクチャーなど、企業様のご要望に合わせて実施します。

  • Q

    セキュリティについての取り組みを教えて下さい

    安心してサービスをご利用いただくために通信の暗号化や他要素認証などを様々なセキュリティ対策を行っています。詳細は「セキュリティ」ページからご確認ください。

  • Q

    費用はいくらになりますか?

    現在スタンダードプランのみのご提供で1ユーザーあたり1,650円/月となっています。詳細は「料金」ページからご確認ください。