ユースケース

入退社対応業務の管理

octpathなら入社・退社対応における社内業務フローをかんたんに作成、マネジメント可能です。人事部や総務部はもちろん端末や備品の手配管理を行う情報システム部の業務も横断的に管理できます。

octpathでの入社/退社対応フローを管理することで
以下のような効果が実現できます。

  • 部署間の連携性向上

    入社/退社対応は人事部、総務部、情報システム部など複数の部署を横断して取り組まれます。部署を超えた対応についても進捗状況の把握、情報連携が容易に行えます。

  • 情報漏えい・権限不正の防止

    特に退社対応においては機密情報の回収や各種システムアカウントの廃止など、情報漏えいや退職後の不正アクセスを防止するための対応が数多く含まれるため、厳密な作業管理が重要になります。

  • メンバー定着率の改善

    入社対応においてはレクリエーションやレクチャーなど適切なオンボーディングプロセスの設計が、入社後の活躍やその後の定着率に直結します。企業の生命線とも言えるプロセスを管理・改善することで中長期的な企業競争力向上を実現できます。

octpath活用のチェックリスト

無料トライアルを通じてサービスを適切に評価いただき、導入に失敗しないための検討プロセスをご案内します。更にトライアル後のoctpathの本格導入をサポートします。業務運用の切り替えや社内向けレクチャーもお任せください。

  • 1ヶ月あたり平均3件以上の入社または退社が発生している
  • 複数のチームまたは部署が連携して入退社対応を行っている
  • 入社メンバーの即戦力化を実現したいと考えている
  • 入退社対応フローを改善したいと考えている
  • 入退社対応の作業において抜け漏れや遅れが発生することがある

サービスのデモをご希望ですか?

実際のサービスを用いて『octpath』 がお客様の業務をどのように改善するのか、30分程度のオンラインデモで具体的にご紹介します。

デモを予約する