導入事例 / 有限会社ソウセイ

有限会社ソウセイ様にoctpathを導入いただきました

有限会社ソウセイ
代表取締役
内野 光次

▼ 有限会社ソウセイ

福岡県を中心に介護施設、住宅型有料老人ホームを運営されています。

【業種・業界】有料老人ホームの運営

【従業員数】20〜50名

▼『octpath』ご導入背景

介護施設の各種手続きや事務対応において、事業部を超えての情報連携と業務進行の円滑化のためにご活用いただいています。特に、本社と施設間での連携が必要な業務が主な管理対象になります。定型業務に特化しているサービスとしてoctpathをトライアルいただき、実業務で活用可能であることをご確認いただいたうえでご導入いただきました。

▼『octpath』への期待・活用方針

以下をoctpath活用の目的、期待としていたいだいております。

部署・施設間の情報連携

octpath上で業務を一連のプロセスとして管理することで、作業ごとの役割や担当者が明確になり、リアルタイムに情報を更新できる。現在の業務状況の共有・連携をよりスムーズに進められる。

業務の定型化・標準化を推進

各業務において、どのような流れで作業が進むのかを明確に定義する。また、特定の作業において、状況や結果次第で途中で対応内容が変わる場合があるため、フローの分岐機能を活用することで定量的な作業管理を実現。

進捗状況の可視化

複数のメンバーで連携しながら進める業務について、メンバー間で何がどこまで進んでいるかをoctpath上で確認。また、作業ごとに結果や対応実績を記録・管理することで、抜け漏れを防ぎ過去結果の参照を簡単にする。

サービスのデモをご希望ですか?

実際のサービスを用いて『octpath』 がお客様の業務をどのように改善するのか、30分程度のオンラインデモで具体的にご紹介します。

デモを予約する